近年では、空調機などの操作が自動制御になっている

エネルギー管理

一括化することが出来れば、どのようにエネルギーが使用されているのかが分かるようになっているので、エネルギーを削減できるようになります。
この様にビルなどの大きな施設などの電気などの管理をできるようになれば、多くの資源の削減などをできるようになるのです。
資源の無駄をしっかり目で見ることによって無駄だということをわかりやすくしてくれます。
一括で管理することと、無駄なものを使用しないようにするために、1台のパソコンで管理できるようになっています。
ビルの空調や調光の管理を一括化すれば、ビル全体の調整ができるので、効率的に管理することができるようになっています。
人の出入りに合わせて、温度を上げたり下げたりするような優秀な空調機などもあります。このように自動制御を使用することが重要なエネルギー管理につながっていきます。
電気の消し忘れなどが合った場合は、人の動きが一定時間無いということがない場合は電気を消してくれるような自動制御を行なってくれるような照明器具もあります。
照明器具とコンピューターによる自動制御をしっかりとおこなってくれるように管理することも重要です。

ビルなどを自動制御で管理する場合は、フィードバック制御を利用して管理を行なうことが多いです。
近年では、センサーで人がいないことを確認してから電気を消す、空調を自動で消すことができるようになったので、ビルを効率良く管理することができるようになっています。
このような特徴があるので、利用することによって企業の経費削減などにも役立ちます。