近年では、空調機などの操作が自動制御になっている

工場の自動制御化

単純作業を繰り返し行なう場合は、シーケンス制御を利用した機械が活躍します。
一定の作業を繰り返すので、ものを量産する際にはとても重宝する自動制御となっています。
従業員の数も、自動制御できる機械が入ればシーケンス制御を行ない機械が生産を行なうので生産などに人員を使わず、チェックなどに人員を回すことができるため、生産性がアップします。
生産性がアップすると、利益も上がるので工場側としては自動制御を取り入れて生産することが求められます。
工場の自動制御かは基本的に生産性を上げるためのものが多いので、シーケンス制御を行なう機械が多いです。
多くの作業がある工場では、分業化することによって効率を上げていましたが、現在では機械が一手に引き受けることができるようになったため、生産率も向上します。

機械などを取り扱っている工場は、多くの場合が自動制御を行ないます。シーケンス制御を使用することで、機械が生産し、人間が目で直接確認ができます。
また、多くの場合が機械からはベルトコンベアなどで部品などを流して確認などを行なうので、効率がぐんと上がります。
流れるように作業を行なうことによってスピードを意識した作業が行なえるようになり、より多くのものを生産することができるようになりました。
また、人間には危険な作業でも機械らなら安全に行なうことができるようになっています。
そのため、工場の自動制御化で現在では多くの作業を安全に行なうことができるようになっています。