近年では、空調機などの操作が自動制御になっている

自動制御にする目的

洗濯機は身近な自動制御を行なっている家電です。
1つ1つの手順をしっかり行なうことによって作業を行なうことができるようになっています。
洗濯機の手順は単純です。洗濯機のスタートスイッチを押したら、給水、洗い、脱水、すすぎ、排水、停止というように、単純な操作を組み合わせてから動きを制御しています。
この動きの手順をしっかりとこなすことで、利用することが出来ます。

エアコン等の自動操作はシーケンスの操作とは少し違います。
目標する値を設定したら、目標にするために自動で動きます。空調機器の場合は、調整する場合がありでしょう。手動で操作を行わなくても自動で外気の調査を行なってくれるようになっています。
空気中の温度を検知してから目標に自動で近づけるようにします。
この様に検知してから自動制御を行なって目標に近づけます。そのための操作がフィードバック制御となっています。

最近では多くの方が利用されていますが、このような操作を自動で行なってくれるため。わざわざ操作を行なう必要がなく手間が掛からない分作業の効率化が進められます。
単純な作業は機械が行なってくれるので、作業がより効率的になっています。
効率的に生産する為に工場などに導入されているので、工場の効率化や人件費の削減などが測れるので、効率化を目指すならば自動制御を取り入れることが望ましいと考えられます。