近年では、空調機などの操作が自動制御になっている

制御するための技術

手動で制御を行なう際には制御するための技術が必要になってきます。
シーケンス制御を行なう際にもコンピューターでなく、人が制御する際には制御する力が必要になってきます。
一定の作業を繰り返し行なうシーケンス制御は人間が制御すると正しく制御できない場合があります。
例えば、蛇口をひねると水が出ますが、この水の量を毎回一定の量に調節するのは人間の制御技術では無理な場合があります。
人間にとっては、難しい制御でも、スイッチ1つで行なえるのが自動制御の素晴らしい技術です。
温度の調整を行なうフィードバック制御の場合もシーケンス制御と同じです。
最近では、フィードバック制御を使用して様々なことが行なえるようになっています。しかし、人間がこの制御を行なうとなると様々な機能が必要になってしまうため、自動制御化した方が良いと考えられています。
制御するという技術は自分たちが考えているよりも難しい技術であることを理解しましょう。

人間の感覚では正確な制御は難しくなってきます。しかし、コンピューターに全て任せる自動制御ならば、正確に制御を行なうことができるようになっています。
機械に任せることで、正確な制御ができることから機械に任せるのが一般的となっています。
人間では、行えないような制御技術ができるのが機械なので、機械と人間の使い方をしっかりと考えてから自動制御を利用しましょう。