近年では、空調機などの操作が自動制御になっている

制御する装置

フィードバック制御を行なう制御装置は制御対象が大きく変わってしまっても制御の方法が大きく変わってしまうことはありません。
そのため、基本的な制御装置の命令は同じです。
フィードバック制御を行なう際には、感知するセンサーと伝送、調節を行なう調節計などの装置を利用して自動制御を行ないます。
この基本的な制御装置の機能を利用して操作するのがフィードバック制御による自動制御です。

シーケンス制御による自動制御の場合は、作業事態は単純ですがフィードバック制御のように基準になる命令が変わってくるので、同じような制御装置を使用することができない場合があります。
一連の作業の順番をしっかりとこなすには順番によって制御装置は別のものを使用しなければならない場合が多いです。
順番をしっかりと行なうように設定した順序を変える際にはわざわざシーケンス制御装置を変えなければならないのでとても面倒になってしまいます。
わざわざ制御装置を変えるのは面倒なので、近年ではシーケンスのソフトウェア化を行なうようになっています。
シーケンスをパソコンでソフトウェア化することによって、面倒な作業を省くことができるようになります。
コンピューターを使用することによって、様々な工程をソフトウェア化することができるようになったため、制御装置を使用することによって様々なことができるようになりました。
最近では、多くのことがコンピューターで制御できるようになっているので作業の効率化ができるようになっています。
近年の自動制御は気軽にできるようになっているので、とても多くのことができるようになっています。